海外FXと国内FXの両建て戦略:リスクとペナルティを避ける方法

海外FXと国内FXの両建てはバレる可能性は低いですが、バレた場合にはペナルティを受ける可能性があります。

海外FX業者は取引プラットフォームを共有しており、他の業者にトレード履歴が見られてしまうことが問題です。

海外FXと国内FXには接点がないため、両建てしてもバレる可能性は低いですが、ペナルティは厳しいものとなる可能性があります。

注意が必要です。

両建ては禁止されている行為であり、投資家としての信頼や将来的なトラブルにもつながる可能性があるため、避けるべきです。

正当な方法で投資を行い、安心して資産を増やすことを心掛けましょう。

目次

海外FXと国内FXの両建てはバレる?理由とペナルティ

海外FXと国内FXの両建てがバレる可能性は低いですが、バレた場合はペナルティを受ける可能性があります。

その理由は、海外FX業者が同じ取引プラットフォームを使用しているため、他の業者にトレード履歴が見られてしまうことが大きな問題です。

具体的には、海外FX業者側もバレないように対策を講じていますが、プラットフォーム上でのトレード履歴が他の業者に見られてしまう可能性があります。

ただし、海外FXと国内FXには接点がないため、両建てしてもそれがバレる可能性は低いです。

しかし、バレた場合にはペナルティを受ける可能性があります。

海外FX業者は、利益の没収やアカウントの凍結などの厳しい措置を取ることがあります。

それによって、せっかくの利益が全て失われてしまうことになります。

そのため、海外FXと国内FXの両建ては避けるべきです。

禁止されている行為を行ってしまうと、投資家として信頼を失うだけでなく、将来的なトラブルにもつながる可能性があります。

正当な方法で稼ぐことを心掛けましょう。

正当な方法とは、法律やルールに則って取引を行い、リスクを理解しつつ努力を重ねることです。

海外FXと国内FXを使って両建てすること自体は合法ですが、それによって採取されるペナルティは避けるべきです。

投資をしっかりと勉強し、努力を重ねることで、安心して資産を増やすことができるでしょう。

海外FXでやってはいけない両建て手法

海外FXで勝てると言われている両建て手法がありますが、注意が必要です。

実は、この手法はほとんどのFX業者で禁止されています。

なぜなら、業者側が儲からなくなるからです。

もしもこの手法を試してバレた場合、ペナルティを受けるだけでなく、元金も返ってこない可能性があることを忘れずに覚えておきましょう。

まず一つ目の手法は、ボーナスとゼロカットシステムを悪用した両建てです。

この手法は、A口座とB口座にそれぞれ同額のお金を入金し、相反する通貨の両建てを行います。

急激な値動きによってA口座がゼロカットされ損失を限定する一方で、B口座は利益を狙うというものです。

ボーナスを利用することで、わずかな自己資金で行うこともできますが、利益はそれ以上に増える可能性があります。

ただし、ほとんどの海外FX業者はこの手法を禁止しており、ルール違反になってしまいます。

もう一つの手法は、他の業者間でのスワップポイントを狙った両建てです。

海外FXと国内FXでは、業者によってスワップポイントの差異があります。

そのため、マイナススワップが0になるスワップフリーな業者を選ぶことで、ノーリスクでスワップポイントを獲得することができます。

しかし、この手法も多くの海外FX業者で両建てが禁止されているため、注意が必要です。

以上のように、海外FXでは両建てによって勝つことができる手法が存在しますが、ほとんどの業者で禁止されているため実践はできません。

悪用するとペナルティを受けるだけでなく、元本も失う可能性があるため、注意してください。

海外FXの両建てルール|異業者・国内FXとは禁止

海外FXでは、両建てというトレード手法がありますが、その中でも異業者や国内FXとの両建ては禁止されています。

同一口座での両建ては基本的に認められていますが、注意点もあります。

同一口座での両建ては基本OKですが、両建てによって稼げたり、損失を減らすことはできません。

両建てはあくまでヘッジの目的で行うものであり、利益を出すための手法ではありません。

注意して取引を行いましょう。

一方、異業者や国内FXとの両建ては禁止されています。

これは、ボーナスやゼロカットシステムを悪用したトレードを防ぐためです。

たとえば、複数の口座を使って両建てすると、値動きによって一方の口座は損失が限定され、もう一方の口座は利益を出しやすくなる可能性があります。

さらに、ボーナスを利用すれば自己資金を少なく済ませ、ノーリスクで利益を得ることもできます。

しかし、これでは海外FX業者が儲からなくなるため、異業者や国内FXとの両建ては禁止されています。

一部の業者では異業者との両建てが認められる場合もありますが、ゼロカットシステムを悪用したトレードは禁止されています。

同様に、国内FXとの両建ても基本的には禁止されています。

異業者や国内FXとの両建ても、ボーナスやゼロカットシステムを悪用するリスクがあるため、海外FX業者が利益を出せなくなる可能性があります。

海外FXを利用する際には、両建てに関するルールを理解し、適切な取引を行うことが重要です。

違反するとアカウント凍結や利益の没収などの対応が取られることもあるため、よく確認しておきましょう。

両建てを利用する際には、ヘッジの目的を念頭に置き、リスク管理をしっかりと行いましょう。

ブログランキングに参加しています。

目次