初心者でも簡単!チャットGPTを利用したおすすめ副業アイデア

目次

AIツールを活用した新しい稼ぎ方:画像制作サービスの提供

本日は、高度な技術が進展した現代において、AIツールを用いた新たな稼ぎ方についてご提案させていただきます。

AIというと少々難解な印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでご紹介する方法は比較的簡易で、しかも有益なものでございます。

まず最初にお伝えしたいのが、AIツールの活用による画像制作による収益向上です。

ココナラなどのサービスを利用し、AIツールを使用して画像制作を行う仕事を一案としてご提示させていただきます。

ココナラとは、個人が自身のスキルを活かして仕事を提供したり、または逆に自分の課題を他人に依頼したり出来るプラットフォームの一つでございます。

イラストやデザインなど、画像制作に関わる仕事も多数募集されています。

例えば、「和風テイストのイラストを作成してほしい」という要望があった場合、AIツールを用いることでデザイン未経験者でも作業をこなすことが可能となります。

AIツールの強みは、大量の作品を一度に生成することができる点にあります。

和風のイラストを一例に取りますと、100点の作品を一度に作成し、それらを自身の具体的な制作例として展示することができます。

作例を公開する際には、「AIツールを使用した制作です」という旨を明記することが重要です。

そして、お客様がその作品を気に入っていただいた場合には、マッチングした仕事をAIツールを使用して作成し、納品します。

こうした経験を積むことにより、イラストやデザイン、ロゴなどの制作も可能となります。

最後に、画像制作スキルを販売できるサービスはココナラだけではありません。

他にも自身のスキルやサービスを販売できる小規模なサイトが複数存在しておりますので、それらにも同時に登録することで、より多くの方に自身の作品を広める機会を増やすことが可能となります。

以上が、AIツールを活用した新たな稼ぎ方、画像制作サービスの提供についてのご説明でございました。

AIを活用したライティングについての考察と提案

ご閲覧いただきまして、誠にありがとうございます。

近年、AIを活用したライティングが注目されておりますが、その可能性と活用法について述べて参ります。

AIを用いたブログ作成に対する評価は一見揺れ動いているように見受けられますが、Googleの公式ドキュメント「AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンス」に基づけば、AIを活用し、有用かつ独創的なコンテンツを生成するという行為は問題ないと認識されています。

人間が校正した文章とAIが生成した文章を見分けることは至難の業です。

それはすなわち、AIが高品質なコンテンツを創り出せる証明であり、人間が一から文章を書くよりも迅速且つ大量の記事を作成できるという意味となります。

Google社自体も、新たなAI「bard」の開発を公表しており、AIに対して前向きな姿勢を示しています。

しかしながら、AIのみによるコンテンツ作成は、その権威性や信頼性、経験に基づく鋭さを持つことが困難であると私自身は認識しておりますので、その点はご留意いただきたく存じます。

我々が第三者の視線を借りたとき、AIが生み出したコンテンツは必要とされる権威性や信頼性、経験に基づく鋭さが欠如してしまう可能性が御座います。

そこで、私自身が提案させて頂くのは、AIによる草案作成と人間による最終確認を組み合わせた形でのライティングです。

AIを活用した文章生成については、例えばCHATGPTを利用するや、私自身も奨励しておりますラビットというAIと連携したシステムツールを使用するなどさまざまな方法がございます。

その一つにブレインライターという、短時間に大量の文字コンテンツをリライトし生成できるツールがございまして、これにより効率的に文章コンテンツを生成することが可能となります。

個々のAIの特性を理解し、状況に合わせた活用が求められます。

提出を重ねる中で、その経験を活かし新たな可能性を見出すことが大切であります。

今後とも、最新の情報をもとにAIを活用したライティングの新たな側面を探求し、皆様にとって有益な情報を提供できるよう心がけてまいります。

AI活用によるYouTubeショート動画制作と収益化の可能性

昨今、YouTubeショート動画の収益化に焦点が当てられておりまして、それを支える存在としてAIの活用が注目されております。

特に2023年の2月以降、日本国内でもYouTubeショート動画の収益化が許可されたことから、その動向には大変注視すべきでございます。

この新たな波に乗るための有力な手段としては、AIを活用したショート動画の生産にあります。

具体的な方法としては、例えば動画生成ツールであるPictoryAIの使用が挙げられます。

それに加え、動画の構成においてはChatGPTの導入が有効でございます。

その活用方法としては、シナリオやコンセプトの要点をChatGPTに入力すると、その肝心な情報からAIが動画の構成案やアイデアを提出してまいります。

更に具体的な使用例として、例えば「自社の商品をPRする動画を作りたい」といった要望をChatGPTに伝えれば、どのような映像素材やストーリーテリングが効果的なのかといった提案を受けられます。

加えて、キーワードの連想などもChatGPTが提案してくれます。

このように、普段は時間や人力を要する作業をAIが素早く解決することで、非常に効率的な制作が可能となります。

というわけで、AIの助けを借りて動画生産を大幅に効率化し、それによって収益を増加させることは、現代において非常に有望な手法と言えるでしょう。

特に専門性を要する映像制作ですら、AIの力により無専門家でも十分に取り組めることから、コストパフォーマンスが大幅に向上し、多くの収益を得ることが可能となります。

AIによる画像生成とその販売方法について~Adobe Stockを例に~

AI技術の快進撃は、イラストや画像の製作・販売にも影響を与えています。

具体的な例として、素材販売サイト「Adobe Stock」では、AIで生成した画像の販売が可能となっています。

Adobe Stockのガイドラインは、AIが製作した画像についても、一般の投稿と同様の審査を設けています。

注意すべきは、「generativeAI」の単語をタイトルに入力し、イラストカテゴリーで投稿を行うこと。

これを遵守することで、AIが製作した画像の販売が可能となります。

また、Adobe Stockの検索バーで「ジェネレーティブAI」を入力すれば、AIが生成した画像群を確認できます。

うまく注目を集めてダウンロードされれば、クリエイターとして報酬が得られます。

これは実に革新的なマネタイズの方法で、AIの力を存分に活用したビジネスモデルと言えるでしょう。

その他にも、AIが製作したイラストや画像のプロンプト(提示)の販売が増えており、AIの活用法は多様化の方向に進んでいます。

一方で、AIをビジネスに活用する上では、その目的やニーズを明確にする必要があり、どのような課題の解決や効果の獲得を目指しているのかを先に見極めることが重要です。

その上で適切なAIツールやサービスの選定を行い、最大限の効果を引き出す事が求められます。

AIは人間によって生み出されたツールであり、倫理的な問題や法的な問題の可能性を秘めていることも忘れてはなりません。

偏見の助長やプライバシー侵害につながる恐れがあるため、それらを生むようなAIモデルやシステムの使用は控え、敬意を持った使い方をするべきです。

AIによる自動化が可能な作業や分析を任せ、人間が得意な判断を必要とする業務は人間の手に任せる。

このように各々の役割を最適な形で配置することで、効率的かつ質の高いビジネスを進めることができます。

AIツールの利用は、あなたの副業やビジネスの可能性を大きく広げる一歩となるはずです。

今後のAIテクノロジーの発展と共に、さらなる新たなビジネスチャンスを探求して参りましょう。

ブログランキングに参加しています。

目次